店主挨拶

「清流・那珂川が育む独自の食文化」

林屋は、那須連山を水源とする那珂川と、塩原を水源とする箒川の合流地点に位置しています。
とくに那珂川は、天然遡上の鮎で知られる関東屈指の清流で、「西の四万十川、東の那珂川」と称されています。那須野が原を貫き、八溝山地に沿った町々を結んで流れ、太平洋に注ぐ、約150キロメートルの流程は、人工の堤防が少なく、歳月をかけて削られた巨岩や断崖が点在する自然豊かな清流です。
そこで生活する人々の川への関心は高く、今でも那珂川は多くの恵みをもたらしてくれます。

まさに、川が生きている証です。

たとえば、春には山椒味噌をつけたアイソ、夏には若鮎、盛夏には鰻、秋には落ち鮎、冬には甘露煮などなど。その他にもカジカやスナハビ、どじょうなど四季を通じて食材の宝庫です。

私たちは創業以来五十余年、那珂川の恵みを承けて商いを続けてきました。
店先には鮎を焼く香ばしい香りと、鰻を焼く煙が四六時中立ち込めています。
そしてまた、大鍋で甘露煮を煮込む醤油の香ばしい香りも……。
その光景は創業以来何ら変わらない、まちの風景そのものです。

そんな那珂川の自然と川の恵みを味わいに、ぜひ当店までお出かけください。「いらっしゃいませ!」という威勢のいい掛け声とともに、お客様をお待ちしています

店主 小林博